読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3児かーちゃんのWebライターブログ

田舎在住、2歳差3人の母による、Webライターについてつづったブログ。

PVモンスター、クラウドワークス、春休みも終わることだし、頑張ります!

PVモンスター、クラウドワークスと向き合う心意気がようやく出てきた、季節コンプリートです。

 

春休みも終盤に入り、ようやくゆったりとできる時間が出来てきました。

そこで、クラウドワークスとPVモンスターに力を入れていこうとパソコンと向かい合っていたちょうどそのとき、1通のメールが届きました。

PVモンスターからの熱いメールでした。

 

そのメールと、2月から始めたPVモンスターの感想を書いていきたいと思います。

 

PVモンスターの熱いメールとは

4月6日15:30頃、PVモンスターから1通のメールが届きました。

お勧めの案件などの紹介かなとメールを見ようとしたところ

題名に「企画フォーマットが新しくなります!(予告です)」とも文字が。

 

んんっ!

 

 

むむむ

 

 

どういうことだろう…

 

 

今までの企画フォーマットに慣れてきたところだったのに…と思い、読み進めていくと

「こんなに頑張ったのに、これしか稼げないという思いのライターを少しでも減らしたいという思いから、よりSEOを意識した企画フォーマットを作りました」

という内容の文章が。

 

そう、PVモンスターのコンセプトは

「価値あるコンテンツに素晴らしい報酬を」

です。

価値あるコンセプトを作ったのにも関わらず、稼げなかったというライターがいては、ダメなのです。

そのために、今よりも稼げるように、よりSEOを意識した企画フォーマットにすることで、その記事が上位表示される手伝いを企画段階から行っていこうという内容でした。

 

企画をフォーマットに沿って書くだけで、SEOをきちんと意識した記事を書くことができるなんて、もう至れり尽くせり!

しかも、その企画フォーマットで企画を書くことができるようになれば、ライターのSEOスキルが格段にアップするというボーナス付き!

 

まぁ、とはいっても、ぶっちゃけ、PVモンスター運営側としても、稼げるライターが増えてくれないと困るわけです。

そして、私たちライターも稼げないと困るわけです。

そのことをライターにどう伝えるかなんです。

そこが重要なのです。

 

このメールで重要なのは、伝え方です。

私たちライターのことを大切に思ってくれているという気持ちが、バンバン伝わってくるこのメールの書き方がしてあるPVライターの文章。

よし、頑張ろうという気持ちにさせてくれるのです。

それができるクラウドソーシングの運営は、なかなかいません。

(私がお世話になっているクラウドワークス含む…)

 

 

PVモンスターを2か月近く使ってみた感想

ぶっちゃけ、報酬面は、まだ出ていないのでわかりませんが、書いていて楽しいクラウドソーシングではあります。

ある程度、自分の裁量で文章の内容を決めることができるからです。

 

調べて書くというだけの量産型の仕事は、私は好きではありません。

やらされてる感が強いので。

そうではなく、自分の気持ちを込めて、記事作成したいわけです。

 

PVモンスターでは、自分の気持ちを込めて記事作成することが可能です。

そのため、記事にも思い入れができ、よりよい記事にできると思っています。

 

私がPVモンスターについて紹介した2記事は、PVモンスターと検索すると、上から2番目と4番目に表示されるようになりました。

自分の書いた記事が上位表示されると、とてもうれしいものです。

 

 

また、PVモンスターの依頼者を選定しなおしていると以前のメールでありましたが、確かに、記事がすぐに上位に上がってくる依頼者もあれば、そうでない依頼者もいます。

そのために、同じクライアントの同じキーワードに対して、2、3個以上の企画を出し、サイト全体を押し上げていかなくてはならないとメールに書いてありました。

私たちは自分たちがより高い報酬を得るために、依頼者のサイトを育てていかなくてはなりません。

 

私がすべきこと、それは記事を書くこと

さて、私自身の生活も少し落ち着いたということで、今すべきなのは、とにかく記事を書くことです。

 

というわけで、PVモンスターで記事作成してきますー!