4児ママのWebライターブログ

田舎在住、4児の母による、Webライターについてつづったブログ。

発達性協調運動障害の息子の近況

こんにちは、季節コンプリートです。

 

今日は発達性協調運動障害である私の長男の近況について紹介していきたいと思います。

 

5歳の今、生活面で苦労していること

 

うちの息子の場合、発達性協調運動障害という障害によって手先が不器用です。

しかも極端に。

 

他の人ならば、何も考えずに簡単にできることができません。

5歳の現時点で苦労している主なことは以下の4点。

 

苦手なこと①かっぱを着ること

かっぱを着ること苦手です。

まず、表と裏の見分けができにくい。

↑ただし、これは発達性協調運動障害によるためなのかは、わかりません…。

 

そして、ボタンも留めずらいので、着るのにとても時間がかかります。

まず、いったん床にかっぱを広げてからでないと着ることができません。

 

苦手なこと②ファスナーを閉めること

ファスナーを閉めるのも苦手です。そのため、アウターはファスナーのみがついているものを選んでいます。

ファスナーとボタンがついているものだと、頭がこんがらがってしまいます。

 

苦手なこと③椅子に長時間座っていること

椅子に座ったままでいることも苦手です。

他の人よりも、体がふにゃふにゃしています。

 

長時間ドライブするときは、チャイルドシートに長時間座っていることが苦痛みたいです。

何とか抜け出そうとします。

 

苦手なこと④鉛筆を持つこと

鉛筆を持つことも苦手です。

物を持つ力が弱いうえ、指先までうまく動かすことができないため、筆圧も弱いです。

 

箸も同様で、5歳ですが、まだエジソン箸を使っています。

それでも、親指を箸に付けた状態で使うことができず、親指は常に浮いている状態です。

 

 

5歳になってできるようになってきたこと

 

苦手なことはありますが、5歳になり、3歳のころと比べるといろいろなことができるようになってきました!

 

できるようになったこと①なわとびができるようになった

年中の4歳のときには、なわとびが全くできませんでした。

ですが、5歳6ヵ月を過ぎたころから、なわとびに挑戦し始め、今ではまえとびが30回ほどできるようになっています。

 

手を動かしながらジャンプするという2つのことを同時に行うことができるようになりました!

 

できるようになったこと②簡単な数字やひらがなならば鉛筆で書けるようになった

f:id:y-yoppy83-02-05:20190116213235j:image

数字はもちろん、簡単なひらがなならば、鉛筆で書けるようになりました。

4歳のころは、筆圧も弱く、丸を書くのが精いっぱいだったと思います。

 

できるようになったこと③自分の思いを口に出せるようになった

息子は、幼稚園に入園した3歳当時は、ほとんど言葉を話すことができませんでした。

YouTubeで見た車の英語のほうが話せるくらいの日本語レベル…

 

ですが、今では他の子と変わりないくらい話すことができるようになりました。

 

自分に自信を持たせたい!

息子に「自分のこと好き?」と聞いてみたところ、あまり好きではないという答えが返ってきました。

 

娘やもう1人の息子に聞けば、自分のことは好きなようなので、息子の自己肯定感が若干低めなのでは…と案じています。

 

確かに、生活の中でつまづくことも多く、できないことが多いことが自分でわかりつつあるとは思うものの、自分に自信を持って欲しい!

 

自分に自信が持てるよう、どうすればいいのかを考えています。

 

発達性協調運動障害、大きくなるにつれてできることも増える!

f:id:y-yoppy83-02-05:20190116213938j:image

発達性協調運動障害と診断を受けたからといって悲観することはありません!

大きくなるにつれて、次第にできることも増えます。

 

私の息子もできないことが多いながらも、できることが徐々に増えつつあります。

 

できないことよりも、できるようになったことに目を向けて、見守っていきたいと思います!

子どもの寝かしつけ~子ども4人の場合~

こんばんは!

季節コンプリートです。

 

3学期になり、小学生は朝6時半には起こさないと間に合わないので、夜も最低9時までには寝かしつけようと頑張ってます!

 

でも、子どもが4人になって、寝かしつけるのも大変になっているのも事実…。

早く寝かそうと親の私の気が焦り、寝る前は不機嫌になっているにも関わらず、子どもたちは寝室に行ってもバタバタと遊び、布団に入っても喋り続けています。

そして、最終的には怒ることに…。

 

そんな子どもたちを出来るだけ早く静かにさせて、寝かしつけたい!

寝るときに起こる問題と解決方法などを説明します!

 

我が家の現在の状況は?

f:id:y-yoppy83-02-05:20190110111606j:image

 

我が家は子どもが4人います。

小学2年生の長女、年長の長男、年少の次男と4ヶ月の次女です。

 

長女と長男は、昼寝をしません。そのため、寝るのは早いです。

次男は幼稚園でお昼寝をするため、元気でなかなか眠くなりません。

 

4ヶ月の娘は、おっぱいで寝かしつけています。

基本的には添い乳はせず、座ったまま飲ませて、寝たら布団に寝かせるスタイルをしているので、次女が寝るまでは私も寝ることは出来ません。

 だいたい上の3人は布団に入り眠くなれば自分で眠ることができます。

 

寝るときの問題点は寝る場所!

 

毎回起こるのが、誰がどこで寝るのかという問題。

 

長女は、一番下の次女と寝たい!

長男は、次女かママと寝たい!

次男はパパかママと寝たいまたは遊びたい(笑)!

 

というわけで、昨日の夜の場合は、長男・私・次男・次女・長女・パパという順番で寝ました。

この並び方にすんなり収まればいいのですが、なぜかいつもケンカになるんですよね…。

 

そして、誰かが我慢しないといけなくなる…。

ついには誰かが泣く…。

 

この問題が解決すればいいのですが、解決方法がわかりません(泣)

 

寝かしつける方法は数を数える!

 

どうにか寝る場所を決めれば、あとは早く寝てもらうだけ。

でも、これが大変…。

 

長男と次男が隣同士だとケンカや遊びが始まるし、長女は延々としゃべり続けるし。

 

というわけで、一刻も早く静かにさせるために編み出したのが

親が数を数える!という方法。

 

やり方は簡単!

  1. 「今から10秒数えるから、その間は目をつむって静かに動かずにいることができるかな?」と話しかける
  2. 10秒数える
  3. 子ども達はゲーム感覚でとりあえず10秒おとなしくなる
  4. できたら褒める
  5. 「次は20秒ね~」と20秒数える
  6. できたら褒める
  7. どんどん秒数を長くしていき、寝るまで続ける

 

この方法で、昨日は長男が50秒まで数えたところで寝始め、60秒で長女が寝始めました。

次男は寝ませんでしたが…(涙)

でも、1人残ると遊ぶ相手がいないので、寝るしかないと寝始めます。

 

この方法のポイントは、できたら子どもを褒めること!

ただし、静かに。

そうすることで、次も静かにしておこうと静かにします。

 

ですが、注意点が1点。

それは、100秒まで数えても寝ない場合は、飽きてくるということ。

 

100秒まで数えても寝なかった場合は、あきらめて別の方法を探します…(涙)

 

寝かしつけのいい方法があれば、教えてください!

 

寝かしつけはとても悩ましい問題…。

 

以前は寝る前に絵本を読んでいたものの授乳をしながらだと絵本を読むことができなくなりました。

 

うちはこうしてるよ~など、何かアドバイスがあれば、ぜひ教えてください!!

SGA性低身長の娘、注射やめても身長順調に伸びてます!

こんにちは!

季節コンプリートです。

 

小学2年生の娘、SGA性低身長の注射をやめてから、約2年が経とうとしています。

 

注射をやめてからの身長の伸びについて、改めて振り返ってみようかと思います!

 

注射やめてから多少伸び方は緩やかになったものの伸びてはいる!

 

f:id:y-yoppy83-02-05:20190106163106p:image

娘は、小学校入学前に注射をやめました。

理由は、本人が嫌がったのと料金が高額なため。

 

注射をやめてからも、病院には定期的に通い、身長と体重の伸びをみてもらっています。

 

注射をやめると、身長の伸びはだんだんと緩やかになっていくと先生からは言われました。

 

ですが、グラフを見る限り、多少身長の伸びが緩やかになったものの、伸び続けています!

 

小学1年生の4月には身長108.5㎝体重18.0㎏

小学2年生9月には身長115.2㎝体重19.2㎏

 

周りに抜かれることはあるものの、娘なりに伸びつつあります。

 

0~6歳までの伸び率はどうだったの?

 

f:id:y-yoppy83-02-05:20170429161619j:plain

身長体重の伸び率

 注射をしていた頃のグラフがこちら。

 

4歳くらいからの伸び率がすごいですよね!

注射のおかげです。

 

このグラフを見ると、注射をやめた今の伸び方は、注射をしていないときの伸び方に戻ったように感じますね。

 

ですが、2年ほど注射したアドバンテージがあるおかげか、発育曲線の中になんとか入っています。

注射のおかげです!

 

注射を続ければよかったと思うこともあるけれど、、、

 

親としては注射があったおかげで、身長が伸び食欲も増えたため、注射をして本当によかったと思っています。

やはり、あのまま小さければ食べる量も今よりも少なく、できることも少なかったのではと感じるため。

 

なので、小学生になっても注射を続けていてもよかったのではと感じることも多々あります。

 

ですが、本人の意思もやはり大切です。

 

未就学の頃には、親が説得して注射させることもできますが、小学生にもなると、自分の意思がはっきりとしてきます。

子どもの意思も尊重しつつ、無理のないように治療していけるのが一番いい方法だと思います。

4児ママが教える乳房トラブルを起こさないたった1つの方法とは

こんにちは!

季節コンプリートです。

 

第4子が無事4ヶ月になりました!

 

今回、4人目にして初めて乳房トラブルを起こさず、ここまで過ごしてこれています。

その秘訣を書いていきます!

 

乳房トラブルを起こさないたった1つの方法とは

 

生後3ヶ月までの期間に乳房トラブルを起こさないためは

赤ちゃんに深くくわえてもらうこと!

 

とにかくこのことが重要です。

 

深くくわえてもらうことが大切な理由とは?

 

深くくわえてもらうことが大切な理由は、乳房全体をまんべんなく飲んでもらうため。

 

実は、浅くくわえられて飲まれると、乳房全体の乳腺のすべてをまんべんなく飲んでももらうことができません。

どうしても偏りが出てしまいます。

 

そうすると、飲ませ方を変えない限り、常に同じ場所におっぱいが溜まり

いずれ詰まる原因となります。

 

実は深くくわえてもらうことは難しい?

 

実は、生後まもない赤ちゃんに深くくわえてもらうことはとても難しいことです。

なぜならば、赤ちゃんもまだ飲み方が下手なうえ、吸う力も弱いため。

 

そのため、深くくわえてもらうにはコツがあります。

深くくわえてもらうコツとは、赤ちゃんが口を大きく開いた瞬間に、乳首を乳輪まで押し込むこと。

 

大抵、産後入院中に助産師の方から深くくわえさせる指導を受けます。

ですが、深くくわえてもらうことの重要性はトラブルにならない限りわかりません。

そのため、退院後、どんどんと浅くくわえるようになります。

 

乳房トラブルをなめると大変です!

 

私は、第一子のときは、おっぱいがよく出るタイプだったこともあり

深くくわえることを重視していませんでした…。

 

そのため、浅くくわえることとなり、乳腺炎になる、おっぱいが切れるなどの

トラブルに見舞われました。

 

トラブルになると、本当に授乳がしんどくなるのです。

授乳し始めの30秒~1分は痛みとの戦いです。

 

でも、まさか赤ちゃんが浅くくわえることで、このようなトラブルが起こっていたとは全くわかっていませんでした。

 

授乳トラブルを防ぐために、深くくわえさせよう

 

授乳トラブルは、産後で疲れている体にさらに追い打ちをかける、とてもつらいものです。

 

そんな授乳トラブルを防ぐために、赤ちゃんに深くくわえてもらいましょう。

 

 

 

2019年!4月以降月10万円稼ぐぞ!

あけましておめでとうございます!

季節コンプリートです。

 

2019年になりました。

今年もよろしくお願いします。

 

今年の目標は

ライター業で月10万円以上稼ぐ!

これです。

 

 

書くことで初心を忘れず続けられるように。

三日坊主になりやすい自分のために、ブログに書きます。

 

2019年5月末、夫が転職予定→収入が2/3に

 

これまで、我が家の家計を支え続けてくれた夫が5月末に転職する予定です。

転職により、収入が2/3ほどに落ち込むと思われます。

 

とはいっても、2~3年の辛抱かもしれませんが…。

 

これまで家計を支えてくれた感謝もあるので、

少しは家計を支えられるようにしていけるように、収入アップを目指します。

 

末っ子が保育園入所予定

 

うまくいけば、末っ子も7ヵ月になった4月から保育園に入所予定です。

このことで、昼間は比較的自由な時間を持ちやすくなるはず。

 

その代わり、保育料がかかるので、より稼いでいく必要があります。

 

子どものためにさらにお金を残しておきたい

 

比較的お金が貯めやすい小学生までに、さらにお金を貯めておきたい!

できれば、年間で100万円貯めたい!

↑無理ゲーですけどね…

 

貯金したい!

 

ここが最も切実な願い!

 

うちは年間約400万円は必要です。

100万円貯金したければ、500万円は稼ぐ必要がある。

 

しかも、今年はディズニーに行くという目標もあるので

旅費として50万円も貯めておかなければならない…。

 

というわけで、どう考えても年間600万円近くは稼がなければなりません。

↑無理ゲー(2回目)

 

でも、はじめから無理と考えず、挑戦はしていきたい!

戦略も練っていきます。

 

より稼ぐためには、書くスピードアップが必須

 

正しい文章を書くことを大切にしすぎて、慎重になってしまう私。

そのため、執筆スピードが遅いのが、短所です。

 

2019年、ライターとしての目標は、スピードを上げる事!

 

1時間で最低でも1000文字は書けるようにしていきます。

いろいろな方法を試していきたいです。

 

2019年が人生の分かれ道かも

 

2019年に稼げるようになるかどうかで

2020年以降正社員として働くのか、在宅ワーカーするのか

決まりそうです。

↑在宅であまりにも稼げなければ、正社員として働かなければやっていけません…。

 

できれば、子どもたちのためにも家にいてやりたい!

そのためには、在宅でより効率的に稼ぐ必要がある!

 

ライターとして、スキルを磨きつつ、稼いでいきたいと思います!

 

 

小児の弱視はスマホ見すぎではありません!

 

こんにちは、季節コンプリートです。

 

メガネを掛けている小さな子を見て、スマホのし過ぎなのかなとか、ゲームし過ぎなんじゃない?とか、親がきちんとしてないからという考えを抱いてしまったことはありませんか?

 

実は、私もそうでした。

 

でも、違うんです。

小児弱視という病気で親のせいではありません。

 

偏見を抱かれやすい小児弱視について、私の息子の話も踏まえて話していきます。

 

眼の屈折異常が原因!小児の弱視とは?

 

弱視とは、コンタクトやメガネをしても視力が上がらない状態のこと。

 

子どもの場合、

  • 先天奇形などが原因の場合
  • 遠視や乱視による屈折異常が原因の場合

の2パターンあります。

 

大抵の子どもが「屈折異常が原因」の原因の弱視です。

 

子どもは、生まれてすぐの状態では、ほとんど何も見えていません。

ですが、成長するにつれ視力が上昇し、3歳頃には1.0程度になります。

そして、6歳頃には大人と同等程度の視力となります。

 

ですが、何らかの原因で屈折異常があった場合、視力が上昇していきません。

そのため、目が悪いままになってしまいます。

 

3歳児検診で発見された息子の弱視

 

私が住む自治体では、3歳児検診の際に器械で屈折異常を見つける

「オートレフ検査」という検査が導入されています。

 

最近導入されたようで、上の2人の子どものときにはそのような検査はありませんでした。

 

椅子に座り、オートレフ検査を行う器械で息子の目を写されました。

ほんの一瞬です。

 

その一瞬で屈折異常があるかないかわかるようで

屈折異常があった息子は、眼科への紹介状を渡されました。

 

私は、そのとき初めて弱視という言葉を聞いたため

何がなんなのか全く分かりません。

 

ですが、とにかく眼科に受診してみることにしました。

 

眼科で2回検査→弱視と認定

 

眼科では計2回ほど検査をされました。

 

というのも、まだ3歳ということもあり

一度の視力検査では正しい結果が得られないのではと

先生が判断したためです。

 

確かに、初めて視力検査をした際には

少し難しそうでした。

 

そうして、2回検査をした後に先生から言われたのが

「小児用弱視」でした。

 

眼鏡店で眼鏡作成

 

眼科の先生が眼鏡作成書という書類を書いてくれたため、

書類を眼鏡店に持っていき、眼鏡を作成してもらいました。

 

かかった期間は2週間ほど。

 

約20,000円かかりました。

 

ただし、弱視用の眼鏡は保険適用です。

とりあえずお金を払っておき

きちんとした手続きを行えば

眼鏡の作成費用は戻ってきます。

 

医療費が無料の自治体ならば、

眼鏡も無料で作成できます。

 

病気の治療のために眼鏡をかけているので

保険が適用されるのです。

 

そうして、眼鏡ができたので、掛けるようになりました。

 

小さな子が眼鏡をかけていると見られることが多い

 

3歳の息子が眼鏡をかけて歩いていると

声をよく掛けられます。

 

「目が悪いの?」と心配してくれる声ならば、全然いいんです。

ですがたまに

「ゲームのし過ぎで目が悪くなったかな?」といわれることもあります。

 

そう、

眼鏡をかけていると

親がきちんとしなかったから

こんな小さなうちから眼鏡をかけないといけなくなった

というような偏見を持たれることがあります。

 

ですが、それは違います。

弱視の原因となる屈折異常はゲームのし過ぎでなるものではありません。

そして、きちんと眼鏡を掛けていれば治るものです。

 

人と違うと何かしらの偏見を持たれることが多くなります。

ですが、それは違う!とどんどん発信していきたいものです。

産後超役に立つアプリ!ぴよログ

3人目と4人目が4歳離れている季節コンプリートです。

 

日々便利なものがリリースされている現在。

4年違うと育児においても違う部分が出てきます。

 

代表的な例がアプリ。

今回赤ちゃんを育ててみて、超便利なアプリがあったので、紹介していきます。

 

産後超役に立つぴよログ

 

piyolog.strikingly.com

ぴよログとは、母乳やおしっこなどの回数を記録できるアプリ。

「育児 日記」とアップルストアで検索すると、1番初めに表示されることからも分かるように、多くの人に使われています。

私がぴよログをおすすめする理由を挙げていきます。

 

ぴよログは母乳の時間を計測できるうえタイマー機能もあり

f:id:y-yoppy83-02-05:20180924113956p:image

ぴよログの素晴らしいところは、母乳の時間を測ってくれること。

この機能、本当に助かるんです!

 

新生児期は、赤ちゃんの飲み方もまだ下手なうえ、母親側の母乳の出方も安定せず、母乳トラブルが起こりやすい時期。

 

4人育てている私のおっぱいでさえ、乳頭が痛くなったり、白斑が出来たりと、様々なトラブルに見舞われています。

 

そんなトラブルをできるだけ少なくするために大事なのが、おっぱいの飲ませ方。

できる限り乳頭に負担をかけさせないように、赤ちゃんに飲んでもらうことが重要です。

そのためには、長い時間飲ませるのは厳禁!

交互に5分ずつ飲ませるのが、乳頭に負担がかからないためオススメです。

 

でも、測らずに飲ませていたら、つい時間が経っていたなんてこともしばしば。

そんなときでも、このぴよログならば安心!

授乳時間を測ってくれるうえ、タイマー機能もあるため、好きな時間に音がなります。

この機能に毎日助けてもらいながら、母乳育児を送っています。

 

現在4歳の子を育てた時にも、育児日記アプリはありました。

ですが、その頃のアプリには、母乳の時間を計測する機能はなく……←私が知らなかっただけかも……

 

本当に便利なものが出たなぁと感心しながら毎日使ってます!

 

ぴよログならば、睡眠時間も計測してくれる

f:id:y-yoppy83-02-05:20180924114018p:image

ぴよログで助かる機能は睡眠時間計測機能!

赤ちゃんが寝たら、「寝た」というボタンを押し、起きたら「起きた」ボタンを押せば、自動的に睡眠時間を表示してくれます。

 

新生児期などは特に夜中3時間おきくらいに母乳やミルクを飲ませたいもの。

でも、いつ頃赤ちゃんが寝たのかということは、記録でもしていないと思い出せません。。

 

夜中、授乳の間隔がどれくらい空いたのかがすぐに分かるので、とっても助かります。

 

ノートに手書きしていた頃が懐かしい…

 

1人目のときは、ノートに手書きしてました。

でも、ノートに書くのって、だんだん続かなくなるんですよね……

 

でも、アプリならスマホは常に近くにあるし、いつでも手軽に記録可能!

しかも、印刷できる機能も搭載されているので、紙媒体で残しておきたい人にもピッタリ。

 

赤ちゃんを育てている人にはぜひおすすめしたいアプリです。